Chapter5

いろいろありまして、
レベルも当初の目的の2.5倍になったわけですが、
メインクエストがまだ微妙に残っていたことを思い出しまして、
1444
橋を渡っております。

今回は、
この橋の向こうにある天上界へレッドスト-ンを渡しに行きたいと思います。

1445
無理でした。


仕方がないので、
1446
普通にハイムダルの依頼を受け、懺悔秘密に行きます。


ーと、見せかけて!
!?
1447
1448



こんにちは、第三の猫です。
隙を突いたつもりだったのですが、

不思議な力は見逃してくれませんでした。
不思議ですね。


さて、
諦めてやって来たトワイライト滝
1449
ーの手前で、
ハイエルフを見つけました。

残念な事に、
1450
テイムできないみたいです。
Am/pm派です。


-省略-


秘密ダンジョンに侵入。
1451
レベルの関係でダンジョン難易度が、イージーモードです。

そしてこちらが、
1452
先程敵のセリフにもあった怨霊ジュルさんです。

消えぬ罪に束縛されし魂どもよ、懺悔せよ!我の呪いを解き放つ!
消えぬ罪に束縛されし魂どもよ、懺悔せよ!我の呪いを解き放つ!
解き放たれた呪いによって82前後のダメージ。

1453
よほどセリフが気に入ったのか、
何度か呪いを解き放っていました。

そんなジュルを退け、
1454
最深部に到着。
この人が天上界ルートのラスボスですね。


あと、どうでもいい話なのですが、
ジュルとジュレって似てますよね。
いいから早く倒しましょう。

会話前から仕掛けておいた罠でタゲ対策も済ませたので、
1455
いつもの力押しで片付けました。


こうして、ハイムダルの望みを叶えた第三の猫は、
1456
天上界に送り届けられ、

メインクエスト報酬を頂きました。
1457
めでたし、めでたし。
これで本当にメインクエスト完了です。

あと、やり残したことといえば、
あの強敵との再戦くらいでしょうか。



それでは、
今回はこの辺で~ノシ

テーマ : RED STONE - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する